科学的管理法

経営学者のフレデリック・ウィンズロー・テイラーによって提唱された、労働者管理の方法論の一つである。
標準作業時間の測定、出来高による賃金の差別支払制度など、管理についての客観的な基準を作る事で、出費を最低限に抑えながら、最高の生産性をあげようとするもの。

リクルートマネジメントソリューションズのMBCでは「科学的管理法」を紹介している。

関連する記事

関連するサービス

Page Top