ジョハリの窓(Johari window)

心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが発表した、人と人との円滑なコミュニケーションを考えるために考案されたモデルのこと。
人間は対人関係において、「自分も、相手もよく知っている領域」「自分は知っているが、相手には隠している領域」「相手はよく知っているが、自分にはわからない領域」「自分も相手も知らない領域」の4つの領域を有しており、対人関係を向上させていくためには、「自分も、相手もよく知っている領域」を拡大していくことが重要であるとされている。

リクルートマネジメントソリューションズのトレーニングでは、「開かれた窓」を大きくして自己理解を促進するために、「自己開示」や「率直なフィードバック」ができるよう運営されている。

関連する記事

Page Top