組織行動研究所

組織行動研究所は、株式会社リクルートマネジメントソリューションズの研究・開発部門です。
日本リクルートセンター(現リクルートホールディングス)で1963年に人事測定事業、1970年にトレーニング事業が発足して以来、組織行動学、産業組織心理学の知見を蓄積し、さまざまな能力開発プログラム、組織活性プログラム、適性検査、組織診断サーベイなどを開発するとともに、研究活動に従事してきました。
そして2004年リクルートマネジメントソリューションズ設立を機に、「組織行動研究所」として新たなスタートを切り、組織・人事マネジメント領域において幅広く、理論と経験に基づく研究・開発および情報発信を行っています。

理論(調査・研究)

組織行動研究所

  • 基盤となる理論・手法の蓄積
  • 企業・個人の実態把握のための調査
  • サービス開発のための応用研究
  • 学会などを通じた研究・事例発表

リクルートマネジメントソリューションズ

実践(顧客現場)

組織行動研究所

  • マーケットやお客様ニーズの把握
  • 最適なソリューションの提供
  • お客様・受講者からのフィードバック
  • 時代に合わせたサービス改良

活動内容

調査・研究、製品開発

  • 組織行動学・産業組織心理学などの学術領域から、企業経営・人材マネジメントなどの実務領域まで、幅広い情報収集・調査および研究
  • トレーニング(集合研修・コーチング)領域での製品開発、品質の維持・向上や、教育・学習技術に関する調査・研究
  • アセスメント(テスト・サーベイ・調査)領域での製品開発、品質の維持・向上や、測定・分析技術に関する調査・研究

主な研究領域

  • リーダーシップ・マネジメント、経営人材の育成、キャリア自律、組織開発、グローバル組織・人材マネジメント、トレーニング・アセスメント技術など

情報発信

社外広報機関誌「RMS Message」、調査報告誌「RMS Research」発行、ホームページ「研究レポート」など

書籍出版

加盟している学会

など

論文・報告

研究者について

Page Top